忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

09.23.11:03

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 09/23/11:03

04.11.03:41

辞められない

布袋寅泰さんのLIVEへ行ってきました。
LIVEの最後で「俺は辞めないぜ」と今年で引退すると言っている氷室京介を意識したような発言がありましたが、目の前のファンの眼差しがある限り、夢がある限り辞められないとおっしゃっていました。

布袋さんはいつでもハッピーリタイヤできるけど辞められないということでしょうけど、私も辞められないなと感じた次第です。


他にない究極の筋肉外来を初めて1年半。

まだまだ軌道に乗ったとは言い難いですが、「死ぬまで診てもらう」などと言ってくれるおじさまもおられたり、本人の気持ちとは裏腹に元気良くなられる人々を多く目撃しています。
正しい運動法を提供できていないがために、無駄に体力が無くなり生活に支障をきたしている方々がまだまだ日本には溢れています。

老いぼれて死ねば良いと思っている人は良いかもしれませんが、死ぬまで動きたいと思われている方々がいっぱいおられます。体力がなくなって動けなくなったのは、何を飲もうが何を注射しようが何を埋め込もうが意味がありません。正しく効率よく鍛えるしか無い。

私が自分の正しさを証明するために始めたと思われている方もおられるようですが、そんな気は微塵もございません。証明しなくても私は正しさを分かってますから。あくまでも、体力を付けたい人に正しい道理の通った運動を伝えたいだけ。

今までも何度か医師へこのことを伝える機会を模索してきましたが、なかなか私のような草ドクターの言うことを聞く医師もいないようです。そもそも整形外科医は手術が仕事で、そんなことは理学療法士に丸投げみたいな方が多いので、運動器の保存療法って医師の仕事じゃないみたいに思っている医師が多いのが元凶な気もします。
だって、保険制度上も医師が運動指導したって350円ですからね。その辺のトレーナーでも数千円運動指導したら取るでしょ。

ということで、まだまだ350円で頑張っている私ですが、辞めるわけにはいかないです。

拍手[5回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら