忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

07.24.05:37

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 07/24/05:37

02.05.00:49

慰安的医療に物申す!

私にマッサージ器を売り込む人が多い。
患者数を増やすためにとか言ってくるわけです。

もちろん世の中、慰安的医療をやっている医療機関が多いわけですが、その方たちの言い分は「ちょっとでも楽な気持ちにしてあげれたらいいじゃない。」「その時に満足してもらえないと、次に来てもらえない。」とかいう意見が多い。

様々な運動器疾患の既往があり自分で治してきた私としては、とっとと治したかったのであって、別に医療機関に何度も通いたいわけでも、その場しのぎの安楽を求めていたわけでもない。

たまたま自分が整形外科医であったために、他の医療にお世話にならなくても慰安されなくても十分に治せる情報もあったし、筋トレしていたお陰で身体の機能を回復させる方法も知っていたので、慢性化させること無く治せていると思っている。

だいたい、慰安行為なんてターミナルケア(終末期医療)と同じであって、もう治らないんだったらまだ良いかもしれないけど、慰安行為に依存させて症状を長引かせるなんて愚の骨頂だと私は思う。

だいたい、ちょっとでも楽になってもらおうとか、一回楽な気持ちになってもらってまた来てもらおうとか、患者を馬鹿にしているんじゃないか?
どうせ、あいつらには分からないんだから適当に気持ちよくなって治るかどうかなんて知ったこっちゃないって態度じゃないの?

ということで、私の整形外科ではマッサージ等の慰安行為はしていないわけです。
患者さんの治る力を信じ、治る力を引き出すお手伝いをする。
それでなんで患者が来なくなると思うわけ?

拍手[6回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

Re:慰安的医療に物申す!
2015年02月06日金

初めてブログに行き着いた者です。

先生の考え、全く持って同意です。
気休めにしかならない行為はストレスなのに、「通えば30%治ります。」と電気治療を勧める整形外科が多いのが現状です。
通うのに嫌気がさし、通院を止めてしまうこと多々。
そんな電気に頼らず、医師という免許をふんだんに使って患者の治療をしてもらいたいものです・・・。

(私はただの患者です・・・)

Re:Re:慰安的医療に物申す!
ありがとうございます。
2015/02/07 10:45

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら