忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

10.21.17:23

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 10/21/17:23

06.25.15:38

学歴の矛盾

最近、こころの健康から追及して、道徳観的な話まで及んでいるのですが、その中から医療に関しての問題点が見えてくる気がします。

まず、医学部って私は違いますが、結構最高学歴だったりします。
東大理Ⅲが日本一偏差値が高いんでしょうねきっと。

で、学歴の学って何でしょうか?
国語、数学、理科、社会、外国語の成績ってことですよね。
これって人間性、こころの成長度とは無関係なんですよね。

要するに最高の工学技術者を選別するための学問ってことですよね。

その最高の工学技術者を養成する中で最高の成績を上げた方が医者になって人を最高の工学技術で眺めてみるというのが今の医学的対処ですよね。
実際、診察室って一人で入って医者っていう白衣の人の実験室に入るみたいなもんじゃないですか。
そこに、人間性が排除された工学技術が求められるわけですよね。数値化した統計や物理化学で得られた最高の対応をするってことですよね。

でも、人間って自分は霊的存在とか魂だとかって最終思っているんですよね。じゃあ、工学技術でどうにかなるもんじゃないと思うんですよね。

拍手[4回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら