忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

08.22.16:21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 08/22/16:21

06.18.10:54

子どもと筋トレ

子どもの筋トレには否定的なことを書いているのを多々目にします。

子どもが筋トレをすると成長が止まる、痛める、身体が固くなる等々。

全部ウソですね。

大体、そういうこと言っている人が正しく筋トレを理解しているとは思えません。
シゴキが筋トレだと思っていたりする程度の人間の発言でしょう。

ヘビーデューティー・トレーニングを知っていたら、特にマイク・メンツァーのを知っていたら、週に1回数秒の高負荷な運動して、成長が止まる?どこか痛める?大体において運動しない人が身体が固くなることがスポーツ医学的常識です。毎日全力で走り回って遊んでいる子どもの方が関節や骨への力学的負担は大きいでしょう。

筋肉が強くなると背が伸びなくなる説のよく聞くのはウェイト・リフティングの選手や体操選手の低身長です。
しかし、あれは高身長だと選手として不利な競技だからですよね。単純に。背が高いと高くまでウェイト挙げなければなりませんし、クルクル回ったり速い動きがスケール効果でできません。

平気で背が高い人に、昔バスケットボールかバレーボールしてました?なんて聞く面白い人世の中多いですよね。あれは背が高い人が有利な競技で選手の身長が高いってだけで、やったから背が伸びるわけがないでしょう。筋トレに比べれば、バスケットやバレー選手の方が余程関節痛めている人多いですよね。

まあ、子どもに筋トレが害だと吹聴している元凶が整形外科医だったりすることは悲しいことです。

確かに、小学生くらいまでは、勝手に遊びまわって成長してくれるので、必要性はそれ程高くないでしょうけど、やっても問題ないですね。単純に考えると。


拍手[1回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら