忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

06.26.19:22

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 06/26/19:22

04.27.16:38

リスク・マネジメント

薬にも有効性があるという論文と有効性が無いと言う論文が両方あるようなものがあります。有名なのではインフルエンザのタミフルとか。

で、そういった場合、医療者側は処方する傾向にある気がします。特に新薬とかは。

しかし、放射性セシウムなどでも、健康への影響は不明というのが本当のようですが、でも本来地球上に無かったものだから、無いに越したことは無いという論調ですよね。

処方薬なんてほぼ特許を取った科学合成物質だから本来地球上に無かったものですから、その論調が正しいのなら無いに越したことは無いということになります。

原発の安全性についても安全だと言う意見と安全に不安があるという意見があった場合、リスク・マネジメントとしては安全に不安であるという方を取った方がもしもの時には害が少なくて済みます。

処方薬に関しても同じような気がするのですが、いかがでしょうか?

拍手[2回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら