忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

09.23.00:26

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 09/23/00:26

12.05.14:57

プロの仕事

私の今乗っている自転車は、開業直前に働いていた近所の病院へ自転車通勤しようと持っていた折り畳み自転車で通勤してみると、恐ろしく戦闘力が無くこりゃ大変だとネットで購入したものです。

しかし、この自転車ちょっと変わっているせいか、購入当初から変速でトップギアに入りにくかった。

そして、開業してご近所の自転車屋へ挨拶代わりに、ほぼトップギアに入らなくなったので持って行ったら、直りませんでしたと言われたのに工賃を取られ、しかもナットがきちんと締まってなくて緩んでいて自分で締めた。

そして、今週そんな変速機が急にワイヤーが切れた。
もちろん、そのご近所には持っていかず、サイクルベースあさひへ遠いが持って行った。

どうやら最初からのセッティングが微妙で、ギリギリだったと説明を受けた上で乗ってみると、購入以来一番乗り心地が良い。さすがこれぞプロの仕事だと思った。


自分の職業に置き換えた場合、具合が悪いと行った場合、治りませんでしたとお金だけ取る前者の自転車屋みたいになってはいけないなと。やはり、サイクルベースあさひのようにきっちりと治して、治らなくても説明の上最大限良くするというものであるべきだなと。

ちなみに軽く自慢しますと、自転車事故でムチ打ちという方が来られて、今までも何度か事故で整形外科へかかっていたと仰っていましたが頚部痛がよろしくないと、関係ないと思いながら頚部のトレーニングを。
しかし、こちらの意図と異なり、今までドロップハンドルの自転車に乗るときに首を上げるのがしんどくて前を向けなかったのが、すっかり怪我をする前より動かしやすくなったと言って頂いたことがある。


自転車はサイクルベースあさひへ、身体は央整形外科&アイアンクリニックへ。

拍手[1回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら