忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

05.21.09:50

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 05/21/09:50

12.04.16:10

人生の選択

望む未来は各々異なるのは分かっています。

ただ、老人施設や寝たきり老人を見たことがない人は、自分の未来の選択肢の一つにそこに入る可能性が結構高いということを知らないと思います。
寝たきりは悲惨です。知らない人はずっと寝てるだけでいいので楽だとか思っている方も多いです。
それは、元気な人が寝てる場合です。
異なるのは自分で身動きが取れない。寝返りも糞尿も全て他人にしてもらうしかない。痛くても動けないのです。
今までこの人は幸せそうだなと思った寝たきり老人はいませんね。
で、寝たきりじゃなくても、そういう施設では幼稚園児のように施設職員に扱われて、お遊戯をさせられ、テレビを見せられ、尊厳のある生き方とは思えない。

私は個人的に、ああいう風になってああいうところに入れられるのは絶対に嫌です。
もちろん、そういった状況になっている人も自分はそんなことになると思ってなかったはずです。

人間老化していくのですから、そういう状況へ向って生きているのは間違いない。
じっとしていると、そうなる可能性が高くなるのです。
可能性を低くしようと思ったら、有効性の高い行為は筋トレ以外に無いと私は思っています。

ですので、望ましくないであろう未来を避けるために、自分の施設では全力で頑張ってもらってます。

本日も80歳のご婦人が、今まで動けなくなっていたのが、南禅寺、永観堂、黒谷、真如堂と4時間歩いても平気になり、その3日後には東福寺で紅葉狩りも行けましたと、御報告に来て頂きました。


しかし、人間には多様性があります。
基本的に私は上記のように思っていますが、もし、万が一、自分は寝たきりになって動けなくなりたい、介護保険のお世話になって電動で動きたい、人の世話になる方が嬉しいという方がおられましたら、気軽に仰ってください。そういう風になれるように協力しなくも無いです。

拍手[1回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら