忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

07.19.10:38

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 07/19/10:38

04.14.02:13

身体感覚

情報化社会、IT時代と言われて久しいですが、ディスプレイを通した情報って活字であったり画像であったりしても、生の感覚とは程遠い。
その場の雰囲気、臭い、温度を感じながら相手のことを察するという能力が使えない世界だ。

こういった身体感覚でコミュニケーションするということが、ますます少なくなる時代になるかもしれない。仕事内容もどんどんそうなっている傾向にあり、身体感覚を使えないことによるストレスが増えているらしい。

活字で読んだ酒井雄哉大阿闍梨の本。実際に会いに行って同じ話をされた時、その生の迫力に圧倒された。こういった感覚は情報化社会では感じる機会が減る気がする。
身体感覚が研ぎ澄まされた行者さんの迫力は、生でしか感じれないと思った。

ますます、今後身体を使うことがコミュニケーションに関わらず必要になる時代になる。
乗り遅れないでいきましょう

拍手[2回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら