忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

05.21.10:26

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 05/21/10:26

09.03.11:45

コレステロール

メタボなどで有名なコレステロールですが、私が見聞きした情報をまとめると、まず、コレステロールは外から摂らなくても体内で合成される栄養素だということです。

そして、重要なステロイドホルモンの原料になるということです。

で、ある本によりますと、動物性の食品を一切摂らなければ摂取するコレステロールはゼロになるということです。コレステロールを摂ってないのに高コレステロール血症とかなら、体内合成が高まっているということです。

で、コレステロールには善玉、悪玉とか言ってHDL、LDL、VLDL、カイロミクロンとか言うてますが、ある栄養療法を行っている医師によりますと、コレステロールが寿命に及ぼす影響は女性の場合全く無く、男性の場合でも高血圧と合併した場合に多少影響する程度とのことでした。

また、動脈硬化で血管壁にコレステロールが沈着しますが、これもコレステロールよりも活性酸素の害の方が大きいとある本に載っていた気がします。

で、高コレステロール血症の治療薬として有名なスタチンですが、最近の論文など見てますと、横紋筋融解の副作用が看過できないレベルで発生し、それによる筋力低下が問題となっているようです。老人の転倒も増えちゃうくらいの副作用が出るようです。

で、しかもスタチンを中止するとパーキンソン病のリスクが上がるらしい。
治療始めてしまったら続けようがやめようが、運動障害のリスクが上がるということだ。


メタボ健診のためか、そういう治療を内科でされている患者が多いわけですが、私は整形外科医なので、ノーコメントです。

と、整形外科医ですが、コレステロールについて見聞きした情報でした。

拍手[4回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら