忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

08.18.17:43

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 08/18/17:43

01.20.14:09

RPG

以前の講演会で小学生のトレーニングは自重を使って皆一緒に決めた回数を反復するとかいう一般論をおっしゃっていました。

そこで感じたのは、トレーニングの継続性という問題で、やはり、自分の成長、発達を見た目だけじゃなくて数値でも体感できることにあるように思います。もちろん見た目の身体の変化も楽しいですが。

今までよりも多くの回数が挙がるようになったとか、今までよりも重いものが挙げられるようになったとか。
それがなかったら、私もトレーニングを続けているか疑問です。

ある意味ロール・プレイング・ゲームRPGのようなものです。いろいろ試行錯誤するうちに、強くなっていってヒットポイントHPが上がり、いつの間にか大ボスを倒すことが出来る。それに喜びを感じるからやろうって思うわけですよね。

ある意味筋トレってリアル・プレイング・ゲームのRPGと言えるかもしれません。ゲーム好きはトレーニング覚えるとハマるかもしれませんね。


拍手[2回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら