忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

06.24.10:58

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 06/24/10:58

02.06.01:45

Oh!脳科学

某偉い方に勧められて読んだ脳科学の本ですが、最近脳科学って私は面白くないです。

心理学や思想的なものに何か物質的な意味付けをしたがっているだけな気がして、新たなものを感じません。

まあ、fMRIでかなりの高確率で嘘ついているかどうか分かるようになったとかいうのは、凄いとは思います。脳波で嘘寝かどうかも分かりますしね。あ、今回の本の話では無いですが。

大体において、その分析された物質的なものが先なのか、結果なのかも分からないと思ってしまいます。
そうは思わないなと思うところが多かったりします。

大体において、この世に何故存在して主体性を感じているかも分からない人間ごときが、この世の物質を分析したくらいで自分はこうだったんだって分かった気になっているだけだろうなって、そもそも論で思ってしまいます。

よく、精子と卵子が受精して人間として生まれてくる確立の低さから自分が生まれた貴重さを説明したりする科学者がいたりしますが、そんなことよりも、自分という存在感が存在する必要性って何だろうって考えたら、別にいる必要もないのに、無でも良いのに、存在感を感じられているというだけで、精子や卵子なんて知らなくても自分の人生が貴重って思えるだろうって、馬鹿じゃないの?と思ってしまう私は変なのかな?

この意味感じ取れる人って少ないんだろうな。だから友達少ないのかな?いや、多いよ。いや、どうかな。

拍手[2回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら