忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

07.21.15:40

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 07/21/15:40

09.26.18:34

FST-7

ミスター・オリンピアはフィル・ヒースが優勝で、ジェイ・カトラーを破りましたが、デキスター・ジャクソンがジェイ・カトラーを破った時、ジェイ・カトラーが採用したのがこのFST-7というトレーニングらしい。
そして、新しいオリンピアとなったフィル・ヒースもこのFST-7をやっているらしい。

Fascial Stretch Training(筋膜ストレッチトレーニング)を1部位に7セットやるというもののようだ。

DVDも見てみましたが、比較的オールドファッションな普通のトレーニングにしか感じませんでした。

オリンピアクラスの人がやっているからって、そのトレーニングが良いかと言うと、その辺りも無限に要素がありすぎて、トレーニング一つを取り上げて最高とは言い難いと私は思っています。

ウィダーで言うと筋幻惑法やPOF(Positions Of Flexion)や昔のチャールズ・グラスのトレーニングなど、1つの筋肉を様々な角度からトレーニングしないと筋肉が刺激になれる的な話は通説としてありますが、HDT信奉者の私は強度を上げないテクニックとしか感じないので、筋トレとしての意味は無いと思っています。

興味のある方は、次の日曜日のHDT研究会の時にでも聞いて下さい。
私は行きますが、好き勝手にウロウロしていて良いようなので。

拍手[2回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら