忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

10.22.10:04

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 10/22/10:04

05.24.01:48

進化論のお勉強の課題

 ちょっと前、チンパンジーの研究をされている教授の講演を聞いて、直立二足歩行した猿が頭が良くなってという人間の進化の物語は、霊長類の研究者の立場から完全に間違っているというお話をされていました。樹上生活で体幹が直立した四手動物だった猿がサバンナの大地に降りて直立二足歩行の人間になっただけで、体幹が直立しているのは特に人間の特徴ではないとのこと。
まあ、そんなこと霊長類の研究しなくてもペンギン見たら分かることですが。

講演後、進化論についてお聞きしたのですが、一般的ネオダーウィニズムの先生でした。みんな、そう思ってるよと。
個体の突然変異が種に影響するという説明がイマイチ分からなかったので、教えて頂けませんかと言うと、「勉強して下さい」とのこと。
手っ取り早く単純に教えてくれる新宮先生のような教授ではなく、私が好まないタイプの先生でした。

私が思うに、勉強しなさいとか、簡単に説明できない人は、自分が分かっていないからだと思うんですよね。字面で分かった気になっているだけで腹に落ちていないから簡単に説明できないんだと思います。

対数関数なんて何か説明しろって言われたら、答えれる人少なくないですか?新宮先生は一言「この数字は何桁かってこと」で終わりですから、なるほどってドスンってこっちも腹に落ちるわけですよ。

Wikipediaで軽くみましたが、数字でゴニョゴニョ書いてましたが意味不明。やっぱり今西の進化論のほうが私には分かりやすい。

その教授曰く、「今西の進化論には実体がない」とのこと。実体ってDNAとか遺伝子的な説明が無いってことでしょ、きっと。そんなまやかしみたいな説明で単純な私は納得しませんよ。言い換えているだけで何も実体じゃないだろうって思うわけですよ。顕微鏡じゃなくて探検して見えたままの世界から進化論を唱えた今西さんはKISSですよね。これを実体と言わずして何がDNAだ!欧米か?!

腰痛の人が、痛いのは骨ですか?筋肉ですか?神経ですか?細胞ですか?遺伝子ですか?などという質問に答えたからって、痛いのは腰なんですよね。分かるかな?偉い人には分からないんだろうな。

まあ、反論を聞かないのはいけないというのは一理ありますから、中立進化説の木村資生さんの本を買ってしまいました。大体はダーウィン展やら一般書やらで知っているつもりですが、きっと、面白くないんだろうな。いやいや、先入観はいけません。きっと何故個体の突然変異が種に影響するかがスッキリ分かって面白いはずです。


拍手[3回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら