忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

12.16.08:28

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 12/16/08:28

10.20.19:00

自己啓発と東洋哲学の違い(私見)

自己啓発と呼ばれるものと、東洋哲学について、うちの奥さんが同じものと思っているみたいなので、違いを説明してみました(私の意見ですが)。

東洋哲学というのは儒教ベースですから、基本的に全ての人が君子=立派な人になることを目的としていると思うんですよね。
一方自己啓発っていうのは自己実現ということで、自分のなりたい自分になれるようなお金の作り方なり、時間管理なり、人間関係の構築法なり、気持ちの持ちようなりの方法論だと思うんですよね。

ちなみに、ジェームスさんは自己啓発はやっていないと言ってました。啓発、教育活動はしているがという意見でした。

で、東洋哲学は小欲を望ましくないと言いますが、自己啓発は小欲を満たすことを肯定します。
東洋哲学は主体性を尊重しますが、自己啓発は結果を出す方法論が重要で主体性はそれ程必要ありません。
東洋哲学は私心を望ましくないものとしますが、自己啓発は私心を満たそうとします。

と、私なりの意見です。

要するに自己啓発を商売としている人のターゲットは、小欲や私心を満たしたくて、主体性が無いような人って思ってしまいます。そういう人の気持ちを一時的に満たすことは出来ても、本当に救えるのは東洋哲学ではないかと私は思っています。

人生誰しも多少なりとも、栄枯盛衰、利害得失が周囲で発生しますが、その中でもうまくやる方法を教えようとするのが自己啓発で、そんなことに流されない安心立命の境地を目指すのが東洋思想、東洋哲学ですね。

と、考えると、心の健康には自己啓発よりも東洋哲学という気が私はするのですが、詳しくは超健康道場へ。

拍手[3回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら