忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

06.28.07:35

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 06/28/07:35

12.27.01:44

経済成長

自民党は経済成長を目指す経済対策をやるって言ってますが、出来るんでしょうかね?

私の稚拙なロバート・キヨサキ風財務諸表の理解では、結局人にものを売る第一次、第二次産業以外は国全体のトータルキャッシュフローがプラスにならないということですよね(本当の簿記では違うのかもしれませんが)。

生産業が最先端の良い物を出して、それを買う人がどんどん居てっていう状況にならないと経済成長は基本的には起こらないっていうことですよね。

で、なんかで聞いたんですが、人口推移に少し遅れて為替補正した株価は動いているという話もあるらしいです。
要するに、人口一人あたりをなべると、経済成長に貢献出来る能力は変わらんっちゅうことでしょう。
昔の世代よりも今の世代のほうが生産力が強い人間だなんて思わないでしょう?

となると、急速に少子高齢化が進み、第三次産業のサービス業の医療や介護では、トータルで見れば国民のキャッシュフローが増える訳ないし、大体、単純に考えて、経済が成長するってことは、一人一人が生み出す価値が増え続けるってことでしょう?人口減ってるのに、高度経済成長期に稼ぎまくったうちの親父よりも俺に何倍も稼げって言われても、おんなじ仕事するなら、それは邪道に落ちないと無理だと思うんですよね。

で、第一次産業も第二次産業も売る相手が国内では人口減少もあるから海外にとか言ってたら、結局、世界人口70億人を突破してなおも増え続けている人に売ろうってことでしょう。日本経済にとって良くても世界的には悪影響な気がします。

以前にも言ったかもしれませんが、第三次産業のサービス業が価値があるのは、第一次、第二次産業に従事する人がそのサービスを受けて更に生産的な活動に従事出来てこそ、経済成長に価値のある第三次産業だと思うんですよね。

でも、現状、サービス業では、客寄せパンダのマッサージを筆頭とする慰安行為によって客を取り、中毒化させてリピーターを増やし、生産活動に帰ること無く顧客化させているだけで、国にとってはマイナスですよね。経済を成長どころか後退させますよね。トータルのキャッシュフローで見れば。

介護事業にお世話になった老人が、元気になって生産活動に復帰できて初めて価値のあるサービスなのに、補助金が多くもらえるので介護度を上げるために寝たきりになるように安楽を与えて動けなくする。

最近、街を歩いていると、物販する店がどんどん潰れて、慰安サービスや介護みたいな店ばかりが増えてきて、異常だなと不安に思います。

こんなことやっていて、親の世代よりも国に活力を与えられるサービス業になるか?親より社会に貢献して稼がないと我々は危ないんですよね。


結局解決策は男女共同参画社会で少子化すると決めた我が国をもとに戻すのは不可能でしょうし、このまま経済を後退するのを受け入れて、出来るだけ死ぬまでお年寄りにも第一次産業、第二次産業で働いて頂いて、超倹約社会を目指すしか無いでしょうね。と、思ってます。

嫌だとかなんとかじゃなくて、そうするしか我が国の生きる道は無いでしょう。でないと、かつて日本と併合するしか道が無くなった朝鮮半島のように、ほんまにどっかの国に買ってもらわなあかんようになりますよ。と、思ってます。

この中で、いかに筋トレが重要かが、分かる人には分かるんだろうなって思ってます。そう、思ってます。

まあ、経済の専門家の難しい話ではきっと間違っているって言われるんだろうけど。そう、思います。

で、私は近い将来、仙人になります。

拍手[2回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら