忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

10.22.09:54

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 10/22/09:54

03.30.02:32

日本の問題

 国難と言われていますが、現在の日本の問題はリーダー不在ということでしょう。
いくらスポーツ選手が日本復興へ(東日本の問題を超えてますよね)啓発しても、一丸となるには旗振り役の賢明なリーダーが絶対に必要ですよね。

私が最近思うのは、現在の民主政治が日本人に合っていない気がします。
もともと、デモクラシーっていうのは、民主化のことで、民衆が政治に参加できることであって、民衆が政治を行うことでは無いらしいですね。
民主主義なんて主義は無いそうで、現在の日本の民主主義的政治は結局、利権にまみれた大衆の代表というくらいのもので、皆さんも感じておられるように私も政治家に(民主党に限らず)プロフェッショナル、専門性を感じません。
そりゃ素人の中から選挙で選ばれただけですから当然ですよね。
ある意味、最近の世襲議員なんてのが、本来日本に向いた政治家なのかもなどとも思います。

もともと、鎖国で士農工商の身分制度があって、徳川300年という独裁国家で天下泰平と平和に暮らしていた日本人ですから、その頃から商人は黒船が来ようが平気で農民は農業を続けて、商人は商売を続けて、外国の行商人に国家の危機を尋ねられても、「それはおかみの考えることですから」というのが日本人だったようです。

それが、戦後アメリカに押し付けられた民主主義で、農工商から突然代表を出せってなってもそりゃ何して良いか分からないし、とりあえず自分の身内に優遇政策をとるくらいしか思いつかない政治家だらけになるでしょうなんて思います。アメリカに独裁国家は最悪で民主主義が最高と洗脳されていますが、世襲したお坊ちゃん議員が素晴らしいとは思いませんが、やはり幼少期から政治とは何か、これからの日本をどうするのかを考え抜いたプロが政治をやるのが日本には向いているのかななんて思わないでもない最近の私です。
結局アメリカもイラクやらリビアやらに今でも侵略行為を続けている帝国主義ですからね。民意を誘導しているだけで。

もちろん、志ある人はどんどん政治に参画出来る環境は必要だとは思いますが、政治のプロフェッショナルが政治をやる必要性を感じますね。
日本唯一?のリーダー養成機関?である松下政経塾の卒業生も精彩を欠いている感じですよね。

などと、政治のど素人の私のやや(超?)右寄りの意見をお話ししてみました。


拍手[3回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら