忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

09.23.10:58

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 09/23/10:58

12.16.13:53

バリアフリー

前の整形外科の勉強会で、実は老人の転倒骨折のリスクって一番高いのが、何も無い床だそうだ。
データ的にも段差や障害物で転倒するよりも圧倒的に平地での転倒骨折が多いそうだ。
階段や段差、障害物があるところでは注意するから転倒しにくいのでしょうか?行かないだけかな?その辺りの統計のトリックもあるかもしれませんが。

最近はどこもかしこもバリアフリーで、ちょっと障害物でもあってつまずいてこけて怪我でもしたら訴えるみたいなわけの分からない風潮もありますしね。

しかし、転倒骨折リスクに意味が無いのなら、あえて大々的にキャンペーン張ってやる必要あるんだろうか?まるで障害物が悪みたいに。

宮崎駿さんが作った幼稚園はアンチバリアフリーであえていろいろ障害物や隠れたりするところを作っているそうな。幼稚園児が教師や大人の都合で隠れる場所も無いのは不健康と言う健康的な発想からみたいです。

もし、クリニックやるなら多少の運動にもなるしバリアだらけにしたいところですが、最近はそういうことでバリアフリーじゃないとクリニックとしての審査がおりないみたいですね。フィールドアスレチッククリニックなんておもろって思うけどな。全部がそうだったら飽きるかな?

動きもしないバリアに文句言うなら、そんなものに負けない自分になりたいと私は思います。だって大した物理的障害物なんて無いですよ。世の中。



拍手[3回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら