忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

06.26.19:34

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 06/26/19:34

05.23.17:11

「悪人の学問は狂人の剣に似たり」

致知出版社の人間力メルマガに面白いのが載っていました。


悪人が学問をするのは狂人に刃物を持たせるように危険である、という意味の言葉。
 
昔は、ろくでなしが学問をすると家を滅ぼすといわれた。
 
「ただの馬鹿はいいが、学問のある馬鹿は本当に家を潰す」と母がよくいっていたのを思い出す。
 
実際に、そういう家があったようだ。

この「学問のある馬鹿」という概念は非常に重要である。
 
  『ローマの名言一日一言』より(致知出版社刊)



酒井雄哉大阿闍梨も同じことを言ってますね。
日本の教育は善人を作るよりも、悪人にも善人にも学問をさせるというものだから危険なんだろうな。

専門学校で教えていて感じなくもない。悪人が聞きたくないような授業してやる。いるかな?悪人?



拍手[1回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら