忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

09.23.11:11

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 09/23/11:11

11.02.01:36

人工関節置換術後の筋力増強

トレーニングを指導していて、変性は単なる加齢変化と捉えている私にとって、変性疾患にトレーニングを躊躇させることは全く無い。
自信を持って安心してトレーニングしてもらっている。

で、私が最も気を遣うのが、術後の方のリハビリだ。もちろん病院は退院されて、自宅での日常生活動作がリハビリという段階になられた方だ(病院のリハビリは自宅での日常生活動作以下だからね)。
しかし、日常生活で体力が付くわけはなく、マイナスがゼロになるかならないかって程度なんですね。で、そういう方が来られて運動してプラスになってもらおうと頑張る唯一の整形外科として何とかしようと思っていますが、なかなか気を遣う。

もっと、運動器を執刀する整形外科医は、その後体力を付けることを考えなければダメだね。

世の中、変性疾患は痛みが増悪しないように安静、手術して動けるようになって安心、みたいに思っているかもしれませんが、こんな要素還元主義の夢物語ないですから。

変性疾患を加速するのが筋力低下なら、筋力増強を困難にする手術ってのはどうなんだ?
人工関節入れている人の筋力増強は本当に気を遣う。
絶対に理学療法士には無理やわ。筋肉ドクター以外の整形外科医もやってみると良いわ。どれだけ気を遣うか。
しかも、リハビリテーションより安い35点やし。

拍手[2回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら