忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

08.23.21:03

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 08/23/21:03

05.20.18:37

DN-01

以前、私のニュータイプ専用VTRのバッテリーがいかれてしまって、HONDAでお世話になった時に、このDN-01についての話を聞かせていただきました。

680ccの一見、映画AKIRAで出てくる近未来的なバイクのようだが、実際HONDAの方に言わせると形から入り過ぎていて、整備のし難いバイクらしい。
バッテリーは後部シートを外して更にその下のフレームを外さないと見えないそうで、バッテリーがあがった時に非常に困る構造らしい。
形を先にこの形と決めて、バッテリーの置き場に困って、エンジンから遥か離れた後部にとりあえず載せたのが見て取れるそうだ。

しかも、このバイク、オートマ使用なのだが、大型二輪のオートマ免許で乗れるバイクの排気量の上限が650ccだそうで、オートマなのに大型二輪オートマ免許で乗れないという、日本仕様とは思えないバイクだそうだ。

そして、スピードメーターなどの計器類が、結構ハンドルの奥まったところにある。
この位置は座高の高いでかい人は覗き込まないと見えないポジションだそうだ。
スピードを確認するのに覗き込まないといけないというスピード違反を助長しそうな構造だ。

と、上のような、この不況の時代に、極一部の購買層にしか受けなさそうなバイクを出すHONDAスピリッツに感動し、最近私の興味深いバイクです。

拍手[0回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら