忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

08.19.18:19

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 08/19/18:19

11.17.13:58

CT

今日、バイト先の病院で、幼稚園児の乗ったバスが事故したらしく、幼稚園児がたくさん来ていた。
見ると皆、元気いっぱい。

ところが、幼稚園の先生の強い要望で全員に頭部CTを撮影中との事。
この先生、CTのX線被曝量が多いことを知っているのだろうか?
しかも、それを受けた脳外科医も撮影の指示を出している。

私がその脳外科医なら、無症状の子供のCTを撮るなんて、幼稚園の先生はその子達が将来癌になるリスクが高くなることに責任を持てるのかと問いただすところだ。
無責任と言うか無知と言うか。

私がもし、その幼稚園児の親なら、間違いなく幼稚園の先生にも脳外科医にも文句を言いに殴り込んでいるところだ。

そういう親がどれくらいいるのだろうか?

もちろん、肩を打ったとか言って私の外来受診した、痛みもほとんど無い子供たちはレントゲンすら撮ることなく、診察のみで終了したのは言うまでも無い事です。

世の中、医療信仰が強すぎるのと、医療リスクを軽視し過ぎるのに疑問を感じます。

拍手[0回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

頭部CT
2008年11月17日月

以前、中学生の息子と少しじゃれながら空手ごっこ?をしていました。中学になりスピードがついてきた息子の蹴りを受けた瞬間、息子の身体は宙に舞い後頭部からアスファルトの上に落下しました。白目をむいて意識を失いました。意識が30秒ほどして戻りましたが、周りで見ていた人がビックリして救急車!
運ばれCT検査をしますか?と問われ妻は「お願いします!」
私は「先生、今CTとってもわからないでしょ?被爆量も多いし、様子を見させていただいてもよろしいですか?」
妻からひどく怒られたことは言うまでもありません。
被爆・・・みんなあまり意識ないみたいですよ。。。

私も
2008年11月18日火

奥さんが、うちの坊ちゃんが1歳くらいの頃、台から落ちて頭を打ったとバイト先の病院まで連れてきたことがありましたが、その時の状態から頭部CTを撮る状態じゃないと判断して、帰しました。
自分自身が大学の頃、健康診断で引っかかって胸部CT撮りましたけどね。整形外科医って仕事中も結構被爆するんですよね。私はリスク高いかも。

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら