忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

06.24.10:54

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 06/24/10:54

12.19.22:46

医学、医療というと、治療薬、万能薬の開発という感じがしませんか?
実際、医療機関を受診される患者さんのほとんどは、良薬を求めて来られてように思います。

しかし、実際一つの病気でさえ完璧に治せる薬なんて存在しないわけで、すべての病気を治すなんて夢のまた夢みたいな話です。

大体においてこれだけ人間の叡智を傾けて開発していても未だに一つの病気を治す薬も開発されていないということから考えて、薬なんてものは存在するのだろうかと最近強く感じるようになりました。

しかし、病気や健康を突き詰めると、結局全く副作用の無い良薬はすぐ足元に落ちているんですよね。

何で、こんな当たり前のことに気付いていない人が大多数なんでしょうか?

そして、それこそが薬ですと説明すると、飲む前に本当に治るのか?みたいな疑問を持つ不思議な大人たち。
全然一つの病気も治せていない必ず副作用のある処方薬は盲目的に信じるのに。

薬というのは青い鳥ですね。

もちろん私のセミナーでは、青い鳥が何か嫌なほど分かってもらえるようにしているつもりです。

拍手[4回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら