忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

11.19.12:08

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 11/19/12:08

01.31.14:06

第一回ぴんとカフェ感想

 昨日の愛の話で印象に残ったことを話したいと思います。

愛とは許せる範囲、許容範囲のことという意見。愛があるとは許せる範囲が広いことという話が出ました。
なかなか興味深い意見でした。

あと、私が男女の愛の違いの話で、男性は今までの総決算としての今の愛の状況があるが、女性は現在の状況としての愛の状況しかないという話を聞いたことがあると話したところ、離婚した夫婦の男性側には離婚した相手の女性に愛があったと言うが、女性側には男性は最悪だったというひとが多いという話がありました。
女性は離婚した時点での最悪という感情が残り、男性は付き合い出した頃から離婚するまでの感情が残るので、そういう傾向があるのかなと考えさせられました。

しかし、私が最初に質問した、今までの生活習慣から来る病気を、その人の今までの生活を肯定して慰安に走るのが愛なのか、今までの生活習慣の改善を指導して本人にとって不快な病気を根本的に解決するために本人の努力を要することを求めるのが愛なのかという問題に解決は出来ませんでした。
前者が西洋的な意見で、後者が東洋的な意見だという傾向がある気がしましたが、日本の医療はおもいっきり西洋的です。

まあ、愛に答えは無いので、この選択は相手によるとしか言いようが無いと思いましたね。
医療というのに目的はなく、ニーズを聞いてニーズに答えていくしかないのかなと考えさせられました。


拍手[7回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら