忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

04.27.17:55

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 04/27/17:55

11.25.14:36

怒ってはります。

よう勉強している開業医さんのブログで、かなり怒ってはりますね。

以前から勤務医と開業医の収入の比較で欧米との比較が意味が無いと言われています。
欧米は、実際は知りませんが、ほぼ開業はオフィス開業という形で、要するに椅子と机だけある一室で開業されて、ホームドクターが病院に振るという形で、欧米の開業医はほぼ設備投資が要らないそうだ。

しかし、日本の開業医さんは整形外科ならレントゲンは必須でしょうし、リハビリ室などをほぼ付けてますし、それに伴う人件費などもかかってくるわけです。内科でもエコーだのレントゲンだの点滴室などは当たり前のようにありますよね。
そういった経費を込み込みの開業医さんの医療報酬を開業医の収入として、勤務医と比較するのがだいたいおかしいそうです。

私の知っている開業医さんって医療だけじゃなくて、レセプト請求の計算やら人事、雇用をどうするかとか、もちろん医療機器のメンテナンスや医療材料の在庫管理など、かなり忙しそうです。

もちろん、法律ギリギリで卑劣なことをやって遊んでいる昔の先生もゼロじゃないかもしれませんが、ほとんどは違うでしょう。

で、我が事として開業を考えるとやはり、開業すると他のことする時間がなくなるとか、設備投資で回収に時間がかかるとかいろいろ考えるわけで、そして、なお開業の診療報酬を減額するような国の方針となってしまうと、更に厳しいわけで。

そういったことも考えてしまいますよね。
で、来年の計画を大幅に変更するかもってことになるわけですよね。

やっぱり国と言えども、他人に収入の増減を握られている業っていうのは、金持ち父さんじゃないけど、厳しいですよね。Sクワドラントですよね。

拍手[1回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら