忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

08.22.16:22

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 08/22/16:22

06.10.18:58

年齢のピーク

スキャモンの発育曲線で20歳までは自動的に通常は身体機能は高まるとされていますが、それ以降の老化曲線ってどないなもんなんでしょう?

筋力も通常同様の変化をとげるわけですが、人類の英知である筋トレを利用すると大幅にその曲線を歪めることが出来ると私はセミナーでも説明しています。

ちなみに、40歳をあと1年半に控えた現在でも私の筋力は今のところ衰えたことはありません。

まあ、女性のセックスアピールは大体、20歳でスキャモンの発育曲線からそのまま老化曲線を辿る方がほとんどですよね。
これも、筋トレで何とかなると私は思っていますが。

しかし、IRONAGEで紹介されていたロニー・コールマンの写真見ると、明らかに凄く衰えていますよね。
私より6つ年上なだけですが、これほど衰えるのだろうか?
トレーニングを怠ったのか?プロなので薬物の影響なのだろうか?

ケビン・レブローニは完全にトレーニングしなくて衰えたそうだし。

まあ、私の個人的な目標は「死ぬ時がベストコンディション」ですから、それまでは身体機能を高め続ける事が出来ると信じています。

このまま、100歳くらいまで身体機能が高まり続けたら、結構スーパー爺ちゃんになるでしょうね。

拍手[0回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら