忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

09.20.12:50

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 09/20/12:50

03.26.10:11

女性観

安岡正篤は女性が強いうちは男がどう落ちぶれようが、国は安泰だと言っていたようです。

しかし、最近思うのですが、おばさんの集団など道ですれ違いますと、ヤクザよりも道を譲らないですし、電車でのマナーの悪さも女性のほうが酷いように感じます。人が降りる前に乗ってきたり、また逆に乗る人が待っているのにノロノロ降りたり。

私は保守的と批判されるかもしれませんが、女性の社会進出は好ましいと思っていません。もちろん、やりたい人、出来る人はやれば良いと思いますが、お金のためだけに仕事するのはお金のためだけに結婚するのと同様に、いけてないと思います。
お金がもらえなかったり、仕事しなくてもお金に苦労しなかったら、今の仕事を続けるか?と聞いて、医療現場で働く女性からは続けると聞いたことはまだありません。

先ほどの安岡師が言われている強い女性というのは、仕事が出来るとか、お金を持っているとか、知識が豊富っていう意味では無いと思うんですよね。子どもにとっての強い母的な、徳のある仁心のある女性のことだと思うんですよね。

で、現代教育を受けますと、女性も勉強して知識を押し込んで、男のように仕事をするのが良いとされているような気がして、逆に、育児という男にはできない崇高な女性の仕事を男が奪っているというか、そう女性を洗脳しているように思うんですよね。産休育休期間で育児もそこそこに社会復帰するのが良いこととされ、そういったことに補助金を出そうという政策にも疑問を感じます。

そりゃ功利的な女性が増えれば、ブランド品は売れるでしょうし経済は回るかもしれませんが、モラルは低下するでしょうし少子化もするでしょう。

日本の道徳観が低下しているとか、自殺が多くなっているとか、こういったのが原因になっている気がするんですよね。

だって、マナーの悪い母親をみて子どもはこういうことして良いんだって思って育つわけで、どこまでいっても誰しも母親から生まれ母親の影響を強く受けるわけですから。

男女別にして性教育だけするんじゃなくて、女性はもっと日本を良くする子育てなど男ができないことを考えるべきだと思うんですけどね。って男の私が言うことでは無いかもしれませんが。


最近、素敵な日本女性に出会う機会もあり、まだまだ大丈夫かなとも思いつつも、全体的に良くない方向に行っているように感じています。

拍手[3回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら