忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

11.23.18:19

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 11/23/18:19

08.21.09:50

医療マーケティング

売上とは、単価×顧客数×購買頻度のかけ算なのは結構有名です。
問題は医療コンサルが同じ式を使おうとすることですね。

単価を上げようとすると、過剰検査、過剰治療で患者さんの害になります。
購買頻度を上げようとすると、病気を治さないようにしないといけません。
基本的に医療は単価と購買頻度を下げるように努力するのが仕事です。

だから仮に医療コンサルが役立つとすれば、顧客数をコストをかけずに莫大に増やす方法を知っているか、売上ではなく利益を上げられる費用の下げ方を知っているかくらいしか活躍の場が無いと思います。

一般のマーケッターと称する人が医療に介入すれば、医療の質は間違いなく下がることは明らかですね。


拍手[3回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら