忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

06.24.10:47

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 06/24/10:47

09.30.14:20

ヌチドタカラ~命こそ宝~

今日は校医をさせて頂いている中学校の文化祭へお邪魔しました。

3年生の演劇を見せてもらいまして、タイトルは上記ものでした。

内容としましては、大東亜戦争での沖縄での学徒動員(ひめゆり部隊)された女学生が集団自決するか米軍へ投降するかで、最後は命の大切さということで投降するという内容でした。

気になるのは、学徒動員された女学生が日本軍にサボってると言いがかりをつけられ暴行され、スパイだと言われ殺されと、日本軍の極悪ぶりが目につきました。

実際の当時の沖縄でそんなに味方である軍が無茶苦茶なことするでしょうか?災害時にでもモラルを守る日本人が。

そりゃあ、沖縄の民間人を大量に殺したのは米軍でしょう。降伏するのをわかっているのに原爆2発も落として民間人ごと都市を皆殺しにする当時のアメリカですから。

先生に質問したところ、脚本は何か中学生用の演劇のものがあるらしく、そこからの選択のようでした。

さすが左翼の日教組だなと、大人になって分かることだなと思いました。

しかし、演劇の方は声もよく出てストーリーもよく分かり、演出もうまく、上手でしたよ。

というか、健忘症で中学時代覚えてない私だからかもしれませんが、中学生ってあんなに熱かったでしたっけ?最後に生徒会のダンスの後、泣きながらスピーチしてました。
文化祭をやりとげたぞ!!って感じで。

きっと、私の中学校はもっと冷めてました。今時の子って全然冷めて無かったです。
今度、みっちゃんに聞いてみよう。

拍手[2回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら