忍者ブログ

筋肉ドクターの気まぐれ日記

Killing Timeに日記を書き候
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[09/26 藤ヶ谷ケン]
[03/25 NONAME]
[02/06 狭窄症]
[05/17 シャア大佐]
[08/24 はらだまさる]
[08/23 SATO]
[06/15 立川幸治]
[06/15 立川幸治]
[05/17 ☆健食第一主義☆]
[05/11 ☆健食第一主義☆]
[06/08 筋肉ドクター]
[06/07 やッさん!!]
[05/25 骨じい]
[04/18 筋肉ドクター]
[04/12 NONAME]
[04/06 ほねつぎ“やっさん”]

11.22.00:50

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



  • 11/22/00:50

11.05.03:02

うれしい出来事。

外来で詳細にスクワットを教えても、次の再診で何のこと?みたいな患者さんたちに失望させられて、スクワットの冊子を作ったわけですが、今日、久しぶりにきっちり読んでやって頂いた患者さんが来られました。

1ヶ月前頃、それまでの先生に薬漬け、注射中毒にされていたのですが、今日来られて、階段がすごく楽になった、ゆっくり座れるようになったと喜んで頂いた。

ほとんどの患者さんは冊子を配っても、時間がない(書いているのは週に1回1分以内でっせ)、やったけどダメだった(絵しか見てない)、毎日やっているけどダメ(全く読んでいない)とか、呆れる患者さんがほとんどです。

そんなことより、もっといい薬下さいとか、そんなこと俺じゃなくてサンタクロースに言ってくれよみたいな感じです。
それが、いかに非常識な発言かも分かっていません。

今日は久しぶりに、外来でやり甲斐を感じました。
森信三さんも「教育とは、流れる水に文字を書くようなはかない仕事なんです。しかし、それをあたかも岩壁にノミで刻みつけるほどの真剣さで取り組まなければならないのです。」と言ってますが、失望せず諦めずに言い続けなければならないのかなと思いました。

医者は教育業でもありますよね。めんどくさいから皆集めてセミナーと思って始めたのが、超健康道場だったりします。

拍手[2回]

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら